IBJ 成婚白書 2020年

目 次

1)お相手の年齢層(関東)

2)家族との同居と成婚しやすさ

3)交際期間

 

※2020年 IBJで成婚された方のデータを抜粋

1) お相手の年齢層

・成婚されたお相手の年齢

男性

年齢 年齢差
25~29歳  0
30~34歳 -1.0
35~39歳 -3.0 
40~44歳 -5.0
45~49歳 -6.0
50~54歳 -8.0
55~59歳 -6.0
60歳以上 -9.0

若い世代の方ほど同じ年代の方と成婚されています。30代で3歳差、40代で5~6歳差、50代で6~8歳差の方。男性は、年齢が上がるにつれて年の差が大きくなる傾向です。40代後半、50代の男性は、若い方を望む傾向が結果として表れています。10歳以上の年の差婚も一定のニーズがありますが容易では無いことを心がけて婚活を進めてください。お相手の年齢に拘ると活動期間が長くなったり成婚がむずかしくなるケースも考えられます。


女性

年齢 年齢差
25~29歳 +4 
30~34歳 +3.0
35~39歳 +4.0 
40~44歳 +4.0
45~49歳 +3.0
50~54歳 +3.0
55~59歳 +4.0
60歳以上 +4.0

中間値のデータで概ね3~4歳差の方とご成婚されています。男性の傾向と比べて女性は同年代の方を希望されている傾向です。特に年齢に関しては男性との思考のギャップがあります。お相手からのお申し込みだけを期待するとミスマッチが続く可能性もあります。女性の方からも積極的にお見合いのお申し込みをしてください。

年齢層別成婚者 2020年IBJ成婚白書
年齢層別成婚者
年齢層別成婚者 2020年IBJ成婚白書
年齢層別成婚者


2)家族との同居と成婚しやすさ

同居を希望されるケースの成婚しやすさです。結婚後、親御様と同居して欲しい。その様な方のデータです。

 

・男性側同居希望: 45%

・女性側同居希望: 79%

 

男女共に自身の家族と同居希望の場合は、より成婚が厳しい事がわかります。平均値を100としていますので男性の場合は、同居希望でない方と比べかなり厳しいと言えます。

 

逆に、お相手の家族と同居しても「構わない」と言う女性は、同居が難しいと言う方と比べ成婚しやすい事がわかります。

家族との同居と成婚しやすさ
家族の同居と成婚しやすさ


3)交際期間

2020年成婚白書 典型的な成婚者像から抜粋。

 

交際日数(最頻値)

・2020年 男性 90~120 女性90~120

・2019年 男性 120~150  女性90~120

 

在籍日数(中央値)

・2020年 男性 335 女性 263

・2019年 男性 288 女性 247

 

交際期間は、19年と比べ顕著な変化が見られませんが、在籍日数は、男女とも長くなってます。初めての緊急事態宣言の影響で活動が滞っていた事が考えられます。当所の会員様も休会や活動を自粛されていた方もいらっしゃいました。

 

2020年のコロナ禍の婚活は、オンラインお見合いが活発となりお見合い組数、成婚数も過去最高となりました。人混みを避けるデートが結果としてお互いの親睦を深め成婚を早めたと考えられます。

 

自粛モードのなか出会いの機会が減っていますが、IBJでの婚活を是非、検討してみてください。

典型的な成婚者像
典型的な成婚者像


こちらも参考にして下さい。

2018年 成婚白書

2019年 成婚白書

ダウンロード
成婚白書 2020年データ
IBJ日本結婚相談所連盟(https://www.ibjapan.com/)
で2020年度に成婚された方の実績と傾向をまとめた
「成婚白書~2020年度版~」
成婚白書2020年.pdf
PDFファイル 1.8 MB