IBJ成婚白書 ①(2018年 成婚者データ)

目次

1)典型的な成婚像(関東)

2)年齢層別のカップル像

3)年齢と成婚しやすさ

4)   学歴と成婚しやすさ

5)年収と成婚しやすさ

6)職業と成婚しやすさ


1)典型的な成婚者像(関東)

最頻値

・男女共年齢が34歳

・在籍期間は、5~7ヶ月

 平均値だと在籍期間が長くなりますが、これ

 から活動、活動中の方は6ヶ月で成婚する事を

 意識して活動されるのが良いと思います。

 何れにしても何時まで!と目標を決める事も

 大事です。

・お見合いの回数は、5~9回程度、男性の方の

 申し受けは 少なく、女性の方が受け身で活動

 されている傾向。

  早期に成婚される方は、男女とも積極的に

 活動されて います。

・年収は、5~6百万円が最頻値ですが、当所

 では30代で400万円以上を目安として

 います。



2)年齢層別のカップル像(関東)

男性

20代、30代前半の方は、同年代の方若しくは

年齢差が少ない方を選ぶ傾向ですが、年齢を

重ねると自分より若い相手を求める傾向

にあります。30代後半、40代前半の方で

最頻値が5歳ですね。

 

15歳・20歳の年齢差もありなのでしょうが

実際お見合いの成立も容易ではありません。

 

女性

全国平均と比べ傾向は、明確でありませんが、

年齢が上がるにつれて歳の差が縮まる傾向。

若い世代の方が年齢を気にしない傾向。

 

30代の方で年齢差 5歳ぐらいを目途に

活動されている方が多いです。

 

厚生省公示の人口動態統計

初婚夫妻の年齢差では、女性視点で

一つ下から5歳上までで約71%占めます。

 



3)年齢と成婚しやすさ(関東)

成婚者と活動会員

活動会員の年齢分布に対し、成婚者の年齢

分布のピークは、若年よりになる傾向。

 

年齢層別カップル像と一緒に考えると

関東では、活動会員の多い女性を基準に

考えた場合、女性は同世代及び+5歳の方

との成婚が多い。女性活動会員数は、

35~39がピークなので同年代及び+5歳

の方と成婚するケースが多い。つまり

30代後半、若しくは40代前半の男性。

 

活動会員の構成を考えると、30代後半

40代前半の男性及び30代後半、40代

前半の女性は、データ値より活動を

工夫する事により成婚が向上する要因

はある。

 

年齢と成婚しやすさ

活動会員数における各年代の比率を分母

とし、成婚数における各年代の比率を分子

として表したもの。(100%を平均値としてます)

男性は、30~34歳がピークで会員数の構成

も影響している。

女性は、20代後半、30代前半の方が成婚し

やすい傾向。出産を意識した婚活を

考えています。

 

まとめ

男性は、34歳までは、少しお得に婚活が

可能。女性は、34歳までを目安、39歳まで

勝負のイメージ。男女とも40歳を超えると

平均値を下回りますが、活動会員の構成比を

考えると十分に活動は、可能です。

 

相談所の活動に限らず、女性は、30歳まで

男性は、遅くとも35歳までを目途に結婚を

意識して欲しいものです。婚活は、男女とも

若い方が有利、明日より今日です!



4)学歴と成婚しやすさ (関東)

成婚者と構成比

・男性

大卒約60%、院卒約21%、高卒・専門卒

約13%。

 

・女性

大卒約60%、院卒7%、短大13%、高卒・

専門卒19%。

 

成婚しやすさ

男性は、学歴が高く若い方が、成婚しやすい。

国公立の高専は、比較的 勤め先が良いので

成婚しやすい傾向と推測。有名 私大・国公立

に限ると記載データより成婚しやすさは

向上。お見合いの成立も有名 私大・国公立

の方が組みやすい傾向。 高卒・専門卒は、

比較して厳しい傾向ですが成婚は、十分可能

なレベル。

 

女性は、学歴の影響は殆どなく若い方が有利

ですが、それなりの学歴を求めている男性は

存在します。



5)年収と成婚しやすさ (関東)

男性のみのデータです。

年収が上がると成婚しやすい事が顕著に

表れています。やはりそうですね。。。

 

・20代後半 

成婚しやすさ平均以上が400万以上から

700万~で平均を割ってますがデータ数

が少ない為と推測。

・30代前半

400万以上で平均を上回る。

・30代後半

500万以上から平均を上回る。

・40代前半

700万以上から平均を上回る。

 

・40代後半・50代前半

1,000万以上で平均を上回る。

 

当所は、関東圏婚活のしやすさとして

30代 400万を目途としてますがデータ

からも良くわかります。自身の年収を考え、

婚活の参考になると思います。30代 300万円

台だとそれなりに積極的に 活動する必要が

ありそうです。

 

女性の観点では、成婚者しやすさ、成婚者

の構成比を考慮すると30代前半の男性で

7・800万以上の方、30後半の男性8・900万

以上の方、40代前半の1,000万以上の方は、

かなり人気がありそうと言えます。

高望みだと成婚が難しいかもしれません。

 

実際に活動されている方を見ていると30代

前半で500万以上の方は、人気があり

そうです。30代、40代管理職手前の方は、

年収は飛躍的に伸びる可能性もあるので、

今 現在の年収だけでなく総合的に考えた

方が良いと思います。今の年収は、

高くなくても伸びしろのある方、

性格のとても良い方はたくさん

いらっしゃいます。狙い目だと

思います。

年収・年齢と成婚者構成比 (関東・男性)
年収・年齢と成婚者構成比 (関東・男性)
年収と成婚しやすさ (関東)
年収と成婚しやすさ (関東)


6)職業と成婚しやすさ (関東)

男性

① IT関連職

② 銀行・証券関連

③ 営業・企画系

④ 国家公務員

⑤ 事務管理系

 

年収が高い職業や安定した職が好まれる傾向。

会員構成比が1%未満は、省略しましがた、

弁護士、税理士等 年収の高い職業は人気が

あります。

 

物流関連、介護・福祉関連、自営業は、人気が

なく、仕事がきつい、年収が低い、安定してな

さそうが理由。

 

女性

① 看護師

② 販売・小売り等 サービス系

③ 介護・福祉関連

④  その他 金融系

⑤  医療系

 

世話好き、面倒見がよさそうなイメージ

の職種は、人気。共働きを意識してか

家事手伝いは、人気がない。

会員構成比 1%未満は、データのブレが

大きい可能があり省略しています。

図のデータを参照下さい。

 

 

職業と成婚しやすさ
職業と成婚しやすさ
職業と成婚しやすさ
職業と成婚しやすさ
職業と成婚しやすさ
職業と成婚しやすさ


ダウンロード
2018年 IBJ 成婚白書
成婚者 約6,000人の分析データ
marriagedata2018.pdf
PDFファイル 778.4 KB